ホンダ新型フィットの完全ガイド

 
新型フィットのプロフィール


(画像はホーム)

 

燃料タンクを運転席下に置いたセンタータンクレイアウトは小さなボディサイズでも広い車内を実現できると示した初代フィットのアイデンティティ。

 

それから20年近くたった現在4代目フィットで提唱されたのは、心地良い視界で座り心地良いの良さです。

 

丸みを帯びたエクステリアデザインや2本スポークステアリングの採用などで、可愛らしさを表現しつつ、グレード名にもそれぞれ意味を持たせるなど表現スタイルから一新させた。

 

スペック的なハード面の魅力よりもソフト面の親しみやすさを優先しています。

 

これはコンパクトカーのライバルよりもむしろNボックスという同じショールーム内の強敵を意識しているのです。

 

小さくて広いのはNBOXと思っている多くのユーザーに新型フィットに向かせるには感覚的には洗練させたクルマは打ってつけです。

 

もちろん、ホンダコネクトなど、最新モデルならではの先進技術の数々にも魅力ですが、日常的に満足を得られるコンパクトカーとなれば令和初期の代表的モデルとなります。

 

 

新型フィットのインテリア

 

手頃なサイズ感は同じでも親しみやすさが向上しました

 

フィットのインテリア

 

 

新型フィットのグレード

 

ベーシック BASIC

 

クロスター CROSSTAR

 

ホーム HOME

 

リュクス LUXE

 

ネス NESS

 

上下関係よりもユーザーの趣向に対するラインナップとなっています。

 

詳しいフィットのグレード解説はこちら

 

 

新型フィットの燃費性能は?

 

低燃費と高出力を高次元で両立させたシステムで大幅に燃費が向上しています。

 

フィットの燃費性能についてはこちら

 

 

新型フィットの車両価格

4代目フィットとなって若干車両価格は上がっています。

 

フィットの車両本体価格一覧

 

 

新型フィット購入ガイド

 

新型フィットって今どれくらいの予算で購入できるの?

 

最新のホンダカーズでの車両本体からの値引きの傾向をご紹介しています。

 

フィット 値引き

 

 

新型フィットの納期

4代目フィットの最新の納車時期についての情報です。

 

フィットの納期